次亜塩素酸水とホテル・旅館ページ

高い安全性

誤って飲んでしまっても無害です。主成分の次亜塩素酸(HOCL)は、人間の白血球の中で作られているものですから、幼児からお年寄りまで安心して使っていただけます。
高品質の次亜塩素酸水は、噴霧しても高い安全性を有しています。
シャワリング、超音波噴霧器による空間除菌など、徹底して除菌・消臭することができます。
また、清掃する方の手荒れが他の除菌剤よりも少なくなります。

強い除菌力

次亜塩素酸水は、アルコールでも死ななかったノロウイルス、芽胞形成菌にも強力に作用して除菌し、その数秒後には水に還ってしまうという高性能の除菌剤です。
清涼感があるために広く使われているアルコールに比べ、はるかに強力な除菌システムです。
しかも、人の肌とほぼ同じの弱酸性なので、肌荒れを起こす事もなく、環境を破壊しません。

強い消臭力

消臭効果は次亜塩素酸ソーダの80倍(スピード)、アンモニア臭、腐敗臭に反応して作用し、その臭いを分解します。多くの消臭剤が臭いで臭いを包むというマスキング方式ですが、それでは包んだ臭いが残ってしまいます。
無臭文化といわれる日本人にとって臭わない(匂わない)ことがベストなのです。

共有するからこその除菌・消臭の大切さ

他人と共有する場所だからこそ、強い除菌・消臭が重要です。
汚れを残さない、臭いを残さないためには、元となる菌までしっかり死滅させなければいけません。
清潔であることが、リピーター獲得に欠かせません。

導入方法

ホテルや旅館などではピキャットクリアの用途がとても多いので、ピキャットクリア・EVEにて100ppmで生成して大きめのサーバ(100L~300L)に貯めて使用していただいております。
厨房は常時使用、浴場は縁石を含めて大型噴霧器を使用されています。
施設内や室内清掃は、容量の大きいピキャットクリア・スプレーが人気です。
無農薬化の庭園などお持ちの施設様には、病害虫対策もピキャットクリアをご使用いただいております。

使用方法

浴槽、浴場、洗い場、サウナ室など

レジオネラ菌対策として、100ppm濃度でタップリと全体をシャワリングします。
洗い場や露天風呂の飛び石、スノコなどはバイオフィルムによるぬめり感が出ますので、シャワリングしながらブラシ掛けします。
風呂桶や腰掛け椅子も同時にタップリとシャワリングしましょう。

客室の清掃

100ppmの次亜塩素酸水をスプレーして吹きかけ、ペーパータオルや次亜塩素酸水で除菌した雑巾で拭き取ります。
テーブル、椅子、窓、備品など、すべての拭き掃除に使用していただくことで衛生状況は飛躍的に向上します。(皮製品は除く)
タバコに臭い対策として、空室時に超音波噴霧器を炊くことも高い効果があります。

手指の除菌

次亜塩素酸水・ミニをポケットに忍ばせ、場面で手指の消毒をします。
お客様への小さな心遣いが喜ばれます。
また、しっかり手洗いする場合は「手洗い方法」を参照してください。

厨房施設の除菌

100ppmの次亜塩素酸水でシャワリングします。
1日の終わりにしっかり除菌しておけば、次の日に臭いが残りにくくなります。
厨房の床の油分は、次亜塩素酸水のシャワリング(200ppm)で防止できます。
また、カビはハンドスプレーで次亜塩素酸水(200ppm)をしみ込ませた雑巾で拭くことで効果的です。

設備の裏側や排水管(グリストラップ)

設備の裏側や排水管から臭いが出ている場合、400ppmの次亜塩素酸水を流す事で効果があります。
一度で消えない場合、数回行ってみてください。

まな板、包丁、布巾、ユニフォームなどの除菌

布巾、まな板、包丁、ユニフォームなどは洗って汚れを落とした後に、次亜塩素酸水100ppmをハンドスプレーで噴霧か、次亜塩素酸水の中ですすいでください。これで除菌・消臭ができます。
(ユニフォームは白に限る)

食材の除菌・消臭(肉、魚、野菜の除菌・消臭)

魚や肉はシャワリングまたは浸漬、野菜はバブリングで除菌・消臭すると、さらに食感が向上します。
肉はスプレーで噴霧し、ペーパータオル、除菌した布巾で拭き取ります。
魚はボールに浸けて揺り動かし、あとは拭き取るだけです。
野菜はボールの中で揺り動かします。あとは1回軽くすすぐだけで食味・食感が良くなります。
とりわけレバー、モツは、水洗いした後に50~100ppm濃度で洗い、1回軽くすすいで拭き取り調理すると臭みがなくなり、とても食べやすくなります。
次亜塩素酸水は食品添加物であり、食品加工業で使われていますから安心してお使いいただけます。

口のうがいとすすぎ

次亜塩素酸水50ppmでうがいをすると口の中の菌・ウイルスを除菌するので、風邪やインフルエンザ、ノロウイルスなどの予防に大変効果があります。その際、1回真水ですすぐと後味がよくなります。

マスクに用いる方法

調理場でマスクなどをする場合、マスクの中のガーゼに100ppmを通気できる程度に含ませておくと効果的です。

注意事項

雑巾や布巾について

交差感染(感染度の高いものが感染度の低いものに接触して起こる感染)を防ぐためにも、雑巾や布巾は洗剤で洗った後に次亜塩素酸水100ppmに漬け置きしておきましょう。

使用する次亜塩素酸水について

市販されている次亜塩素酸にはさまざまなものがあります。
上記はすべて、次亜塩素酸水による使用方法です。
噴霧に向かないものや酸性に変わってしまうような次亜塩素酸水もありますのでご注意ください。

ピキャットクリア ホーム