次亜塩素酸水の作り方

ピキャットクリア・EVEによる次亜塩素酸水の作り方の解説です。

ここで紹介する次亜塩素酸水の作り方(生成方法)は2液方式です。

・A液…次亜塩素酸ナトリウム6%液
・B液…ピキャットクリア・EVE(次亜塩素酸水生成液)

A液の次亜塩素酸ナトリウムは当店で販売しておりますし、これ自体は安価ですからご自分で入手されてもかまいません。
B液は必ず、ピキャットクリア・EVE(次亜塩素酸水生成液)を使用してください。

生成は簡単でスピーディー!

次亜塩素酸水の作り方は後で詳しく説明しますが…
cospa1[1]
たったこれだけで生成できます。
とても簡単ですよね。

次亜塩素酸水を作る前に用意するもの

まず用意する物です。

■ 薬剤を作るための容器、タンク
生成量に応じてご用意ください。
内部はしっかり洗浄して、汚れや異物がないようにします。(汚れていると失活します)

■ 生成量分の水
水は水道水でOKです。
井戸水は使えない場合がありますので、まずは水質検査をオススメします。
純水、RO水を使えばさらに高品質な次亜塩素酸水が作れます。

■ A液…次亜塩素酸ナトリウム6%液

■ B液…ピキャットクリア・EVE(次亜塩素酸水生成液)

■ ビーカー、計量カップまたはピペット
大量に作る場合は必要量計れるビーカーをご用意ください。
少量の場合は小さな計量カップやピペットを使います。
使い回ししないように、2セット用意してください。
使用後は水でしっかり洗い流しましょう。

生成前のご注意です。必ずお守りください!

・生成する次亜塩素酸水の塩素濃度は500ppm以下でお願いします。それ以上は品質保証いたしません。
・A液が失活していれば正確な次亜塩素酸水は作れません。失活の恐れがある場合は新たにご用意ください。
・必ず陽の当たらない場所で生成してください。紫外線が当たるとすぐに失活します。
・清潔で埃等が少ない場所で生成してください。
・容器やタンクに作り置きの次亜塩素酸水があればすべて廃棄し、綺麗に洗浄してください。

生成手順(動画)

生成手順

1.A液(次亜塩素酸ナトリウム)を適量注入する

生成01seisei02

2.容器、タンクに生成量分の水を注入し、念のため、容器、タンク内の水をよくかき混ぜる

seisei03

3.B液(ピキャットクリア・EVE)を適量注入する

seisei04

4.容器、タンク内の水を、しっかりとよくかき混ぜてできあがり

seisei05

5.高濃度塩素残留計やpH計をお持ちの方は計測する

seisei06
完成しました!とても簡単ですよね!

注入量表

下記はA液とB液の注入量表です。
・A液(次亜塩素酸ナトリウム6%)
・B液(ピキャットクリア・EVE)
1:1で投入します。
 表が切れている時は、横スクロールして見られます。

 50ppm100ppm200ppm500ppm
○○L各液、○○Lの
1/1000
の量ずつ入れる
各液、○○Lの
1/500
の量ずつ入れる
各液、○○Lの
1/250
の量ずつ入れる
各液、○○Lの
1/100
の量ずつ入れる
0.5LA液0.5cc
+B液0.5cc
A液1cc
+B液1cc
A液2cc
+B液2cc
A液5cc
+B液5cc
1LA液1cc
+B液1cc
A液2cc
+B液2cc
A液4cc
+B液4cc
A液10cc
+B液10cc
2LA液2cc
+B液2cc
A液4cc
+B液4cc
A液8cc
+ B液8cc
A液20cc
+ B液20cc
10LA液10cc
+B液10cc
A液20cc
+B液20cc
A液40cc
+B液40cc
A液100cc
+B液100cc
100LA液100cc
+B液100cc
A液200cc
+B液200cc
A液500cc
+B液500cc
A液1000cc
+B液1000cc
500LA液500cc
+B液500cc
A液1L
+B液1L
A液2L
+B液2L
A液5L
+B液5L

例1

ガーデナーさんに向けて、ピキャットクリア100ppm、pH値5.0~7.2を約1L作ってみます。

100ppm約1Lを作るのには、1L=1000ccの1/500ずつの液を入れるので、各液は2ccずつになります。

まず、A液を2cc容器に入れます。

次に、1L容器に水道水を1L入れます。蓋をして軽く振って液を混ぜます。

次は、B液を2cc容器に入れます。蓋をして、よく振って液を混ぜます。

これでピキャットクリア100ppm、pH値5.0~7.2が約1L出来上がりました!
いかがですか?とても簡単ですよね!

例2

農家さんに向けて、ピキャットクリア100ppm、pH値5.0~7.2を約500L作ってみます。

100ppm約500Lを作るのには、500Lの1/500ずつの液を入れるので、各液は1L=1000ccずつになります。

まず、A液を1000ccタンクに投入します。

次に、500Lタンクに水道水を500L入れます。
井戸水の場合は鉄分等混ざっている場合がありますので水質検査が必要です。

水が入ったら、タンク内の水を軽くかき混ぜます。

次は、B液を1000ccタンクに投入します。その後、タンク内の水をよくかき混ぜます。

これでピキャットクリア100ppm、pH値5.0~7.2が約500L出来上がりました!
いかがですか?とても簡単で手早く作れますよね!

ピキャットクリア ホーム