ピキャットクリアは安全性の極めて高い次亜塩素酸水です!

安全性が高い説明ページ
cut_safe1[1]

ピキャットクリアEVEを使用した生成方式では、
原液同士を混ぜても塩素ガスが一切発生しません!

eve_cut_noensogus[1]

cut_noenso[1]cut_noensogus2[1]

 ちなみに、希塩酸と次亜塩素酸ナトリウムを直接混ぜた場合…
cut_ensogus[1]
希塩酸から生成した場合、塩素ガス発生の危険性があります。

失活が進んでも酸性にならない!(希塩酸で生成したモノとは違います)

0.6-4[1]ピキャットクリアは弱酸性水で有機物に触れると水に変わりますが…
時間が経って完全失活してもpHは4.7以下にはならない高い安全性!
失活したり有機物に触れると、肌に優しい弱酸性水に変わります。

一方、希塩酸で生成したモノはpH3.0に近い酸性水に変わります。
酸性水になると、皮膚への刺激、脱色、金属腐食の原因となることがあります。
よって、効果が薄いのに薬害が出るなどの可能性が出てきます。

濃度安定度が高く、急激な失活を防ぐ!

0.6-5[1]

ピキャットクリアも失活はしますが、そのスピードはとても緩やか…
濃度安定力を増しましたので、保管に適した次亜塩素酸水です。
(ピキャットクリア・100、500の消費期限は6ヶ月です)

safe_safety_b[1]

関連ページ
噴霧時の安全性について

ピキャットクリア ホーム