猫でもわかる次亜塩素酸水の話

各業種のプロたちはすでによく知っている次亜塩素酸水…しかし、一般には知られているようでまだ知られていないのが現状です。
こちらでは、次亜塩素酸水を初めて知った方にもわかりやすく解説していきます。

次亜塩素酸水ってなに?

次亜塩素酸水とは、次亜塩素酸という塩素を含んだ弱酸性の水のことです。
弱酸性次亜塩素酸水、微酸性次亜塩素酸水などは、これはまったく同じモノです。
よく似た名前に、次亜塩素酸ナトリウムというのがあります。これは、強アルカリ性の液に次亜塩素酸が含まれているモノです。

次亜塩素酸というのは、私たち人間が体内で細菌やウィルスをやっつけている物質です。
次亜塩素酸水を知ろうページ
次亜塩素酸水は「私たちの身体を細菌やウィルスから守っている次亜塩素酸を含んだ水」となります。
この次亜塩素酸は細菌やウィルスを除菌します。だから、除菌効果があります。

この次亜塩素酸は臭いの元を作る菌を除菌したり、有機的臭いを破壊します。だから、消臭効果があります。

あらゆる菌やウィルスを除菌します

cut_syoudoku
上の図には、地球上のほぼすべての菌やウィルスが入っています。
もっとも殺しにくい菌である芽胞菌にも強い除菌力を示すのが次亜塩素酸水です。
アルコールや逆性石鹸は一般的な菌が持っているエンベローブという触覚のようなものを破壊して感染力を奪います。しかし、菌の中にはこれを持たず、殻のようなものに包まれて保護され体内に入ってから感染力を発揮するものもいます。
ピキャットクリアは、こうした菌の防御システムを破壊します。だから、アルコールや逆性石鹸では除菌できない菌も除菌してしまいます。
アルコールで除菌できないノロウィルスも、次亜塩素酸水なら除菌できるという理由はこういうことです。

次亜塩素酸水は次亜塩素酸ナトリウムの8倍のパワー

shirou_kyokusen[1]
上の図は、次亜塩素酸の量とpHの関係を表しています。
shirou_8bai[1]
次亜塩素酸ナトリウムに比べて、次亜塩素酸水は約8倍の分子量があるのがわかります。
次亜塩素酸という物質は弱酸性だとこれだけ増えます。これが8倍の除菌パワーとなります。
次亜塩素酸分子量が8倍になることで、除菌スピードは80倍になるのが次亜塩素酸水です。

高い安全性の理由

safe_safety_b[1]

次亜塩素酸ナトリウムに比べて次亜塩素酸水は安全であるという理由は2つあります。

次亜塩素酸水は弱酸性

次亜塩素酸ナトリウムは強アルカリ性です。一方の次亜塩素酸水は弱酸性です。
弱酸性ですから、次亜塩素酸水には強アルカリ性が持つ漂白作用や金属腐食作用はありません。
人間の肌と同じ弱酸性であることから、安全性は高くなっています。

濃度を低くして使える

除菌パワーが強い次亜塩素酸水は、低濃度でも除菌パワーを発揮することができます。
次亜塩素酸ナトリウム200ppmの除菌力の場合、次亜塩素酸水に換算すると25ppm相当となります。
低濃度でも除菌効果を出せるのが次亜塩素酸水です。

ピキャットクリア ホーム