次亜塩素酸水に関する疑問にお答えします

次亜塩素酸水の一番の特長は安全に除菌・消臭できることです。
次亜塩素酸水開発メーカーの当店は、特に安全性にこだわっています。
ですから、臭いモノに蓋をしたり、無意味な危機感を煽ったりすることはいたしません。
製造メーカー以前の開発メーカーの立場と責任として、皆様からいただいた疑問にしっかりお答えしております。

これまでいただいたご質問への回答(Q&A)

次亜塩素酸水、ピキャットクリアに関するご質問やご相談は、ピキャットクリアを研究開発している責任者が担当しております。

Q:次亜塩素酸水はメーカーによって消費期限が違うのは?

メーカーによって次亜塩素酸水の消費期限が違っています。この理由は生成方法の違いですか?

A:消費期限はあてになりません

次亜塩素酸水の消費期限は、失活したかどうかが問題となります。
ただ、次亜塩素酸水というのは時間経過と共に絶対に失活していきます。これは次亜塩素酸の宿命でもあります。
では、どの程度失活すれば消費期限が過ぎることになるのか?
これはなにも決められているものではありませんから、あてにはならないのです。
たとえば、100ppmの次亜塩素酸水が3ヶ月後に60ppmまで失活したとしましょう。
この40ppmの減少を消費期限が過ぎたとするのか、それとも60ppmあれば効果が出せるので消費期限内とするのかはメーカーや販売店の判断となります。
当店では、「±20%」という基準を設けています。
つまり、100ppmであれば80~120ppmの範囲内で100ppmとして有効と考えています。
ピキャットクリア100ppmは120ppmでお渡しして、常温保存なら3ヶ月以内には80ppm以下にはならない、冷蔵保存なら6ヶ月以内には80ppmにならないという考え方で消費期限を決めています。
ピキャットクリア500ppmは600ppmでお渡しして、常温保存なら3ヶ月以内には400ppm以下にはならない、冷蔵保存なら6ヶ月以内には400ppmにならないという考え方で消費期限を決めています。

Q:失活スピードは生成方法によって違うのでしょうか?

生成方法によって失活スピードが違ってくると聞いたことがあります。どの生成方法が一番失活スピードが遅いのでしょうか?

A:失活スピードは濃度とpHが大きく関わります

失活スピードを早くするのはpH値によるものです。
次亜塩素酸水は弱酸性ですから、次亜塩素酸の失活スピードは早くなります。
ただ、この早さを抑えるために次亜塩素酸水は500ppm以下で提供されています。
次亜塩素酸水は10,000ppm以上の超高濃度でも生成できますが、あっという間に失活してしまいます。
1,000ppm以上ですと数日でかなり失活してしまいます。
どのような生成方法であれ、これは同じです。
生成方法による違いは、「完全失活時のpH値の違い」があります。
電解水や希塩酸を使用した2液方式は、失活するとpH値は3.0近辺にまで下がります。
次亜塩素酸はpH値が低くなればなるほど失活スピードが上がってきますので、これらの生成方法ですと失活スピードはpH値が低くなるごとに上がっていきます。
pH値は6.5→3.0ですから、これが失活スピードを加速させてしまうわけです。
ピキャットクリアは、完全失活してもpH値は4.7です。
pH値は6.5→4.7ですから、失活スピードは他に比べて緩やかになっています。
ただ、ピキャットクリアも失活は必ず起こります。

失活したかどうかを知る方法はありませんか?

塩素の臭いがすればまだ使えると聞いたことがありますが、もう1年以上前のモノです。使えますか?

その臭いは塩酸臭です

次亜塩素酸水は失活すると水に変わると言われていますが、これは誤解があります。
失活した後に残るのは塩酸水です。ですから、完全失活した次亜塩素酸水はpH3.0の酸性になります。
ピキャットクリアの場合、完全失活してもpH4.7程度までとなります。
臭いの違いはあまりわからないと思いますので、臭いで使えるかどうかは判断しないほうが賢明です。
失活したかどうかを知るには、塩素濃度もしくはpH値を計ることになります。
ご不安な方は、安価で高濃度の塩素濃度が計れる試験紙があります。
ヘビーユーザーはpH計の常備をオススメします。
Q&Aページ

トリハロメタンや臭素酸は大丈夫?

次亜塩素酸ナトリウムを使った次亜塩素酸水には水道水の100倍のトリハロメタンが含まれると聞きました。これについての安全性はどうなのでしょうか?

水道水の問題を利用した危機感を煽る話です

水道水は次亜塩素酸ナトリウムで消毒しています。水道水には塩素濃度1ppmが含まれています。
ここにトリハロメタンが含まれているということで問題視されているケースがあります。
次亜塩素酸水100ppmは水道水で換算すれば100倍となります。 よって、トリハロメタンも水道水の100倍含まれているという話なのだと思われます。
ただ、この話には裏があります。
水道水は、飲んだり、料理に使ったり、お風呂で浸かったりします。
次亜塩素酸水は飲みませんし、料理には使いませんし、お風呂で浸かることもありません。
空間噴霧やうがいなどで使ったとしても、人体に入りこむ量は水道水の数百万分の1程度ではないでしょうか?
何かと毒のようなイメージを持たせて危機感を煽るケースはありますが、水道水のような常時大量摂取する可能性のあるモノと比較すること自体が間違えています。

買い貯めはよくありませんか?

当施設は1年間分を買い貯めして1年掛けて消費していました。このやり方は間違っていますか?

冷蔵保存できたとしても、かなり不利です

配送料などの関係から、1年分ほど買い貯めしてしまうケースがあるようです。
こういう場合は、まず失活すると考えてこまめに買っていくことを考えてください。
次亜塩素酸分子は温度が30℃になってくると活発に動いて失活しやすくなります。
それを防ぐために冷蔵保存で温度を下げ、次亜塩素酸分子を不活性にさせて保存期間を長くすることをします。
それでも1年間は無謀ですので、常温保存3ヶ月、冷蔵保存で6ヶ月を目安にこまめに導入していきましょう。
ピキャットクリア・EVEなら、次亜塩素酸ナトリウムのみこまめに購入する方法があります。
これだと、いつでも作りたてで失活の心配もありません。

食塩で生成した次亜塩素酸水は安全ですか?

食塩水を電気分解した電解水は安全だと聞いたことがあります。どうして安全なのですか?

根拠はよくわかりません

残念ながら、私にはその理由がわかりません。
食塩は普段から食べているというイメージで安全としているのか、それとも公表されていない根拠があるのかは不明です。
ただ、食塩とは塩化ナトリウムです。
目に入ると強い刺激で炎症を起こし、鼻に入ると猛烈に痛み、濃い濃度で飲むととても耐えられません。
常時摂取量が多いとさまざまな健康障害を起こします。
だから安全ではないとは言いませんが、あえて安全という根拠は残念ながら私は知りません。
一方、次亜塩素酸ナトリウムは強い除菌力と漂白作用がある強アルカリ性ですからイメージが悪いのだと思われます。
ただ、これは濃度の問題です。
次亜塩素酸ナトリウムは200ppm以下に薄めて使いますし、次亜塩素酸水になると強アルカリ性ではなく弱酸性となります。
安全性において何か差があるとは、私には思えません。

塩素に過敏なのですが、使っても大丈夫?

塩素に過敏でアレルギーのような症状が出ないか心配です。使えますか?

使わず、医師に相談してください

塩素に過敏な方もおられます。その場合は使用せずに必ず医師のアドバイスを受けてください。

歯周病に効くと聞きましたが?

知人から次亜塩素酸水は歯周病に効果があると聞きました。いかがでしょうか?

医療行為に関することは当店では一切お答えできません

当店は次亜塩素酸水開発メーカーです。ピキャットクリアは医薬品でも医薬部外品でもありません。
当店は絶対にお答えすることはできません。
医療行為は必ず医師に相談し、医師の指導の元でおこなってください。
また、ペットに関すること(トイレの除菌などはOK)も獣医に相談してください。
医師、歯科医、獣医で次亜塩素酸水に詳しい方は多数おられます。

次亜塩素酸ナトリウムやハイター等との違いは何ですか?

次亜塩素酸ナトリウム(ハイター等)を使うことを指導されていますが、次亜塩素酸水はこれに当てはまるのでしょうか?

ピキャットクリアは当てはまります

施設などでは、ノロウィルス対策などに「次亜塩素酸ナトリウム(ハイター等)を使う」という指導がされているようです。
それにより、次亜塩素酸水というのはどうなのか?何が違うのか?使っても構わないのか?という疑問を持たれる方がおられます。
次亜塩素酸水は厚生労働省や農林水産省がすでに使用している言葉ですが、まだ行政間では流通していない言葉でもありますから、認識が地域や機関でそれぞれ大きく異なっているケースが多々あります。
そこで、こう認識してください。
次亜塩素酸ナトリウム(ハイター等)は水で希釈して使います。
「次亜塩素酸ナトリウム6%を水で250倍に希釈してできた液」の濃度は200ppmとなり、ノロウィルス対策などで推奨されています。

ピキャットクリアは、上記の「水」が「弱酸性の水」に変わるだけです。
「次亜塩素酸ナトリウム6%を弱酸性の水で250倍に希釈してできた液」となり、濃度は200ppmとなります。これはピキャットクリア特有の生成方法によるモノです。

どちらも、次亜塩素酸ナトリウム6%を250倍希釈した200ppm(正確には240ppm)の希釈液となりますので、解釈としては同じとなります。