生成装置は必要なのか?を考える

生成装置ページ次亜塩素酸水を導入するには高額な生成装置が必要でした。
しかし、ピキャットクリア・EVEがあればタンクと棒1本で次亜塩素酸水が手軽にたくさん作れます。
導入担当者の方は、まずは生成装置が本当に必要なのかを検討しましょう。

次亜塩素酸水の生成装置には色々なタイプがあります。
しかし、導入後に後悔することもしばしば…
こちらでは、生成装置導入を検討されている企業様に簡単なアドバイスをさせていただきます。

まずはピキャットクリア・EVEを知ってください

ピキャットクリア・EVEは、20Lボックス1個で100ppm次亜塩素酸水が10,000L作れます。10トンですね。
50ppmなら、20,000Lです。20トンです。
タンクと棒一本で次亜塩素酸水は作れる
作り方はとても簡単で、店舗スタッフやご家庭の主婦が気軽に生成しています。

ピキャットクリア生成方法

現場では、どういう風に生成しているのか?

かくはん機使用する現場によって、100~3,000Lのタンクを2~3個常備しています。
そして、手動で生成しています。
タンクに水を貯める時間を除けば、かき混ぜるのは数分もかかりません。
あっという間に生成できるので、苦にはなりません。

蛇口をひねるだけで使えるようにするには、タンクに井戸ポンプを取り付けます。
ここから配管すれば、簡単に配管システムを作ることもできます。

ここでの問題は、人間の手でA液とB液を入れること、手でかき混ぜることです。
かき混ぜるのが大変なら、電動攪拌機や空気ポンプを入れることができます。

コストはどうなる?

ピキャットクリア・EVEの価格は高いですが、50ppmで1Lあたり1.95円です。
これで生成装置不要、電気代もかかりませんから、コストパフォーマンスは圧倒的です!

生成装置は簡単に作れます。

簡易で考えれば、生成装置の役割は3つだけです。

・A液投入→水をタンクに入れる→B液を入れる→攪拌する
・塩素濃度、pHを自動で調整する
・空になったら自動で生成する

これにいくら費用を掛けるのか?
これが検討すべき点です。

手動のメリットは?

ポイントピキャットクリア・EVEを使った方の大半がこう言われます。

「機械のほうが面倒だ!」
「あっという間に作れるから、ラク!」
「1日数トン使うなら別だが、これで充分!」

あっけなく次亜塩素酸水を生成してしまうピキャットクリア・EVEに驚きの声をいただいています。

手動のデメリットは?

これといってありません。
手動が嫌な部分だけ機械を導入することもできます。
井戸ポンプをタンクに設置して配管するパターンは便利で、しかもかなり安価で導入できます。
強いて言うなら、1日数十トン使うところでは生成装置を導入すべきです。

まずは試してみることができます。

ピキャットクリアイブまずは簡単に試用してみることをオススメします。

250mlや500mlのピキャットクリア・EVEで試してみてください。
その上でどこまで設備投資するのか?を考えれば無駄はなくなります。
いきなりすべて導入せずに、少しずつ導入を進めていくことができるのです。

当店の暴露話

当店自身はピキャットクリア(次亜塩素酸水)のヘビーユーザーです。
次亜塩素酸水のネット販売や卸もおこなっています。
もちろん、生成装置は所有していますが…
今は物置で眠っています。まったく動かすことはしていません。
新車が1台買える価格なのに、もったいない話です…
しかし、それだけピキャットクリア・EVEは簡単で手軽に作れるということです。

生成装置導入の目安は?

1日1トン以上使用する場合は生成装置の導入が欠かせません。
しかし、それ以下なら手動もしくは簡易導入を検討してみてください。

関連ページ
驚異の低価格の理由

ピキャットクリア ホーム